学年別の効果的な英語学習方法

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング


日本語教育能力検定試験合格パック2019

日本語教育能力検定試験合格パック2019
<定価>
税込139,800円(税別129,444円)
※下記の通り購入時期に応じて割引率が変動します

<購入時期ごとの早割価格>
2018/10/29〜2018/11/29【10%OFF】
→税込125,820円(税別116,500円)

2018/11/30〜2019/1/24【7%OFF】
→税込130,014円(税別120,383円)

2019/ 1/25〜2019/3/28【3%OFF】
→税込135,606円(税別125,561円)

※2019/3/29〜2019/4/30は定価での販売となります。
日本語教育能力検定試験合格パック2019
小学生になったばかりの子どもさんに英語を自宅で学習させようと思っても、幼稚園や保育園とは違って、いろんな勉強が始まり宿題もやらないといけなくなり、なかなか英語教材に手が回らなくなると思います。


登下校も自分で歩いて行くようになり、1日小学校で勉強してきた子どもに、家に帰ってからも無理に英語の勉強をさせようとすると、英語が完全に嫌いになってしまうでしょう。
そのため、小学校低学年の子どもさんには、「勉強をさせる」という考え方を捨てて、カードやゲームなど子どもさんの大好きな遊びを利用して、楽しみながら英語に親しませることが大切です。
たとえば、ぬりえを使って、親が英語で色を言い、その色を子どもが聞き取って塗る、というように遊び感覚で英語を学習する方法が一番身につくのです。


3、4年生の小学生の子どもさんは、体も心も成長する時期で、ちょっと背伸びしたくなる年頃です。
この年頃の子におすすめなのが、インターネット電話の「Skype」(スカイプ)を利用する英語スクールです。
インターネットなら、自宅に居ながら海外の外国人の先生と直接会話することができるので、子どもさんも自信がつき、お友達にも自慢できそうだと、やる気も出るでしょう。


5、6年生にもなると、楽しむだけの英語学習だけでなく、中学校で本格的に英語の授業が始まる前の基礎を学ぶ必要も出てきます。
また、「児童英検に合格する」などの目標をもって進める勉強法は、この学年の子どもに向いています。
検定対策の教材は、自信をつけられるように作られているので、子どもさんも意欲的に取り組むことができるでしょう。