英語教育の費用

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング


日本語教育能力検定試験合格パック2019

日本語教育能力検定試験合格パック2019
<定価>
税込139,800円(税別129,444円)
※下記の通り購入時期に応じて割引率が変動します

<購入時期ごとの早割価格>
2018/10/29〜2018/11/29【10%OFF】
→税込125,820円(税別116,500円)

2018/11/30〜2019/1/24【7%OFF】
→税込130,014円(税別120,383円)

2019/ 1/25〜2019/3/28【3%OFF】
→税込135,606円(税別125,561円)

※2019/3/29〜2019/4/30は定価での販売となります。
日本語教育能力検定試験合格パック2019
小学生のうちから英語を学ばせようと思っても、費用はどれくらいかかるか気になると思います。
また、英語スクールなどに通うのと、自宅で教材を使って学習するのとでは、費用も大きく違ってくると思います。
それぞれのご家庭の考え方や事情に合わせて、費用を検討してみてください。
それでは、1ヶ月あたりの予算別におすすめの英語学習方法を紹介します。


500円~1,000円の予算でおすすめなのが、本屋さんなどに売っている子ども用の英語学習教材です。
また、外国の絵本もおすすめです。
昔、洋書は高くてこの予算では買うことができませんでしたが、最近では、安く手に入ることができるようになりました。
外国の絵本の中には、「ディズニー」や「セサミストリート」などの子どもさんもよく知っているような有名なキャラクターの本もあるので、興味をもって手に取ることができると思います。


1,000円~5,000円の予算だと、以前は、英会話スクールなどに通うことができず、英語に触れることができませんでした。
今では、インターネットを使うことで、この予算で海外にいるネイティブの先生と直接会話することができるようになりました。
小学生の子どもさんにとって、外国人と話すことができるということは、かなりの自信につながることでしょう。
また、数人の生徒で取り組む英語スクールで学ぶよりも、自宅で先生とマンツーマンで英語に触れる学手法は、とても効率的です。


5,000円~1万円の予算では、やはり英会話スクールに人気があります。
英会話スクールによって学習方法に違いがありますが、1万円近い費用を出せばネイティブの外国人の先生で、少人数やマンツーマンで指導してくれます。
しかし、気を付けないといけないことは、毎月の授業料以外に、教材費やさまざまなイベントの費用が必要な場合にあるので、そのことも事前に確認しないと、費用の面で続けていけずに途中でやめることになる場合もあります。