英語マスター 勉強法

成果コミット型、短期集中英会話トレーニング


日本語教育能力検定試験合格パック2019

日本語教育能力検定試験合格パック2019
<定価>
税込139,800円(税別129,444円)
※下記の通り購入時期に応じて割引率が変動します

<購入時期ごとの早割価格>
2018/10/29〜2018/11/29【10%OFF】
→税込125,820円(税別116,500円)

2018/11/30〜2019/1/24【7%OFF】
→税込130,014円(税別120,383円)

2019/ 1/25〜2019/3/28【3%OFF】
→税込135,606円(税別125,561円)

※2019/3/29〜2019/4/30は定価での販売となります。
日本語教育能力検定試験合格パック2019
英語勉強法と電子辞書
昔と違って、英語の辞書は電子辞書が当たり前になってきました。
高校生以上であればたいていの人が電子辞書を持っているのです。
英語の勉強法の道具として電子辞書を利用している人も少なくありません。
最近の機種は電子辞書に学習機能が搭載されていたり、練習問題が入っていたりします
通学の電車の中で電子辞書を使って単語を覚えることも可能です。

電子辞書はたくさんの種類がありますが、どれを選べばいいのでしょうか。
自分なりの勉強法を考えて、その中で電子辞書の役割がポイントとなります。
電子辞書にたくさんの機能が入っていると便利な気がしますが、現実的にはあまり使わないようです。

英和、和英、漢和、国語辞典と豊富な機能は宝の持ち腐れになる可能性が高いのです。
セイコーの電子辞書が比較的バランスよくセットされています。
英語の学習を考えるならばセイコー製がおススメです。
スタンダードな英語学習用として販売さていますが、比較的リーズナブルで音声にも対応しています。
もちろん、機種は初心者用から上級者用までありますが、上級者用は機能が多すぎる傾向にあります。

カシオの電子辞書はEx-wordシリーズです。
セイコー製よりも反応がいいですから、素早い動作を期待する人はカシオがいいでしょう。
もちろん、機能的にはセイコーとほとんど変わりませんから、最終的には好みの問題となるでしょう。
デザインやキータッチは毎日使うものですから、こだわりを持っている人も多いででしょう。

セイコーの電子辞書
カシオの電子辞書
アルクの英語
プロが勧める英語の勉強法の紹介です。
アルクが運営している英語学習サイトです。
英語の勉強法はいろいろな人が提案していますが、最終的には自分がどれだけ頑張るかにかかっています。
そのためには気軽に英語に親しむことができる環境が必要となります。
英語学習のための「スペースアルク」がタイトルです。

効果が上がるトレーニングとして、音読を勧めています。
英語を声に出すことで、頭だけではなく、口と耳で学ぶことができます。
通信教育の大手企業としてアルクは有名ですが、インターネットを利用することで、英語学習の幅を広げることができます。
そのためのサイトを提供しているのです。
メルマガに登録すると定期的に英語学習の情報が提供されます。
無料ではありませんが、気軽に始められるところがメリットです。

英語が話せるようになりたいと思っている人は少なくないのですが、簡単に英語を話すことはできません。
アルクだけではなく、他の企業も英語教材を販売しています。
どれがいいのかは自分で確認することが大切です。
体験してみなければ、良い点も悪い点もわからないのです。
アルクのオーバーラッピングは発音とリズム、イントネーションを同時に学習するための方法です。
初心者には難しいかもしれませんが、いつかはできるようになりたいと思って頑張りましょう。
英語の勉強法はどのような形であっても、毎日繰り返すことによって上達していくのです。
さあ、英語の勉強を始めましょう。
無料の英語リスニング
無料の英語リスニング教材の紹介です。
英語の勉強法として、試してみる価値はあるでしょう。
多くのサイトがありますが、ここでは英語リスニング無料学習館を紹介しましょう。
このサイトは無料でオンライン学習ができることが特徴です。
コンテンツはすべて無料ですし、インターネットを活用していますから、紙と鉛筆を持たない勉強法ができるのです。
リスニングの向上をメインとしています。
耳で聞いてそれを理解することができれば、英会話は半分以上できたと考えていいでしょう。
リスニングの時に便利な機能として、繰り返し再生です。
聞き取りにくい部分を何度も聞くことで、自分のものにすることができます。

インターネットの利用とは関係ありませんが、英語の勉強法の大事なところは繰り返し学習することです。
それが頭に染み込むくらいにしなければなりません。
もう一つ便利なのがオンライン辞書です。
画面に出てくる単語や熟語の意味をその場で調べることによって、語彙力を高めることができます。
リスニングのフレーズと一緒に単語を覚えていくのです。
このサイトの管理者は自らが使って便利なサイトを目的として構築されています。
英語学習のための経験と知恵が随所にみられるのです。
これから英語を学びたいと考えているならば、一度アクセスしてみましょう。
唯一の難点は営利目的ではないが故の素材更新の頻度が低いことでしょうか。
これからtoeicなどの試験を受けようとする人のための問題集としての利用価値は高くありません。
映画で英語勉強
外国の映画を観るのが好きな人には映画で英語を学ぶ勉強法をお勧めしましょう。
身近な英語教材として映画があるのです。
わざわざ英語の教材を購入する必要はありません。
レンタルビデオ屋さんで借りてもいいですが、デジタルテレビなら副音声で英語が流れているはずです。
ストーリーがわかっている場合は、俳優さんがどのようなことを話しているのか理解できています。
それを英語で聞き流すのです。

日本人が英語を聞くことができない理由の一つに、聞いた英語を頭の中で文章に書いているからです。
言葉は生き物ですから、いつでも正しい発音、正しい文法とは限りません。
日本語を私たちが話している言葉をじっくりと聞いてみるとわかります。
文法的に間違っていても、その場の雰囲気でコミュニケーションは取れているのです。
好きな映画を英語音声の字幕なしで見る習慣をつけてみましょう。
そうすることで、この場面ではどのような言葉がいいのかわかってきます。
同じシーンでも違う言葉もあるでしょう。
主演の口癖の言葉などを真似してみましょう。

日本語訳ではどのようになっているかを振り返ってみるといいでしょう。
吹き替えでは意訳されることが多いですから、元の文章とかなり違うかも知れません。
それでもストーリーとしては全く問題ありません。
つまり、英語を話すと言うことは日本語をそのまま英語に訳すことではありません。
文法にこだわる必要はないのです。
単語だけで意味が通じる場面も少なくありません。
気軽な勉強法です。
インターネットと英語勉強
インターネットを活用して、ネイティブな英語を学ぶことができる勉強法を紹介しましょう。
無料で質の高い英語を提供しているサイトです。
「ぺらぺら」はそのタイトル通り、英語がペラペラになりたい人のためのサイトです。
リスニングやスピーキングの練習をするためのフリーソフトが注目されています。
自分のパソコンにダウンロードすれば、いつでもネットがない環境で英語の勉強ができるのです。

英語の勉強法はいつでもどこでもできることが一番重要です。
英語を身近なものとすることが大切なのです。
聞き取りの練習などでは自分の成績を保存することができますから、上達具合をチェックしながら楽しく勉強しましょう。

教育教材で有名なアルクが運営しているのは「スペースアルク」です。
無料の英語教材がたくさん提供されています。
いろいろな面から英語を知ることができるでしょう。
有料ですがバーチャル英会話教室も人気があるようです。

「みんなで使う英語学習材」はアメリカの放送を学習教材としているサイトです。
素材が無料ですから、安心して聞くことができます。
また、英語を聞くことが難しい人たち向けの放送ですから、聞き取りやすい内容となっています。
厳密な意味でのネイティブとは違いますが、英語力を高めるための勉強法として悪くないでしょう。

この他にも有料で英会話レッスンを受けられるサイトはたくさんあります。
ネットを使えば教室に通う必要がないのです。
ダウンロードできれば、時間の制約からも解放されます。
これからの勉強法ですね。

英語学習の問題
英語の勉強について、多くの人が問題点を指摘しているにもかかわらず、英語教育の現場には改善の兆しがありません。
文部科学省が検定教科書の制度を維持している限り、英語の勉強法を変えることは難しいのです。
それでも現場の教師たちは、できる範囲での努力をしているのではないでしょうか。

ただ、受験を目的とした英語の勉強法を教えているところも少なくありません。
生徒たちには受験と言う現実の問題がありますから、それを無視して英語の勉強法を教えることは難しいのです。
ただ、現代の英語教育では英語を話せるようにはならないことを誰もが思っています。
受験英語は英会話と別物だと割り切る必要があるのです。

英会話を身に付けたいと思うなら、英語教室に通うことが勉強法となるのです。
最近は携帯電話やオーディオプレーヤーを誰もが持っている時代です。
それらを活用することで英会話を身に付けやすくなっています。
独学でも十分、ネイティブ英語に接することができるのです。

英語学習の問題が、近いうちに改善されることを期待してはいけません。
それよりも自分が何を求めているのかを明確にして、そのための英語勉強法を探してみましょう。
教材などを購入することも悪いことではありません。
ただ、漠然と英語が話せるようになりたいと思うだけではいつまで経っても上達できません。
具体的な目標を持つことが大事です。
日本の英語教育の良い点として、英語が身近に感じられることがあります。
学校で学ばなければ、まったく英語に接しない人が出てくることになるのです。
英語学習塾
中学生にとって英語の勉強法はよくわからないことばかりでしょう。
初めて学校で英語を習う人も少なくありません。
したがって、学校で教わった勉強法が英語の勉強であると思い込んでしまいがちです。
しかし、学習塾などに行けば、それが正しかったのかどうかを考えるきっかけになります。
もちろん、学習塾ですから、学校で習う勉強の補完を目的としたものとなります。
学校での英語の授業が面白くないと感じているなら、学習塾に期待するのは難しいでしょう。

英語学習塾の看板に英語が話せるようになると言うフレーズを目にすることがあります。
学校で習っている勉強法では英語を話せるようになるのは難しいでしょう。
したがって、学習塾で英語が話せるようになるには学校では習わないことを学ばなければなりません。
それでは学校の成績が上がる保証がありませんから、学習塾は自己矛盾をはらんでいることになるのです。

もちろん、それでも現実的には問題は発生しません。
そこまで考えて学習塾に通っている人はいないからです。
しかし、将来は英語関係の仕事につきたいと考えているならば、英語の勉強法について真剣に考える必要があります。
人から教えてもらうことを待っているのではなく、自分で勉強法を探すのです。
どのような方法がいいのかはわからなくても、試行錯誤することによって体が覚えていくことでしょう。
英会話とは頭で話すのではなく、口と体が自然に言葉となっていなければならないのです。
大学受験と英語
大学受験で悩んでいる人は少なくありません。
英語で言えば、単語が覚えられない、長文の意味を理解できない、試験時間が短すぎる、勉強法がわからないなどです。
このような悩みを抱えている受験生はどのような勉強法をやっているのでしょうか。
何の勉強もせずにやり方がわからないと言っているのであれば、問題外でしょう。
受験生である意味がありません。
まずは自分で努力してみて、どうしても先に進めなくなった時に初めて悩みが出てくるのです。

単語が覚えられないと言う人は英単語を覚える努力をしていません。
誰でも一度聞いただけで覚えられるわけはありません。
繰り返し覚える努力をしているのです。
単語を覚えるための勉強法は単純です。
回数を増やすことだけなのです。

勉強に充てられる時間には制限がありますが、1日24時間は変わりません。
空いている時間を如何に有効に活用するかが重要となります。
これから大学受験に向かおうとしている人は、自分が勉強をしなければならないと言うことを自覚しましょう。

効果的な勉強法がないわけではありませんが、そのためには自ら勉強する意思が必要です。
覚えようと意識しなければ、どのような勉強法を実践しても覚えることはできません。
多くの人が自分の経験を基に、英語の勉強法を考案しています。
その人と同じ意識レベルに立たなければ、勉強法の効果は得られないことを理解しましょう。
何はともあれ、勉強机に向かって英語の勉強を始めましょう。
英語力とは
英語力とは何でしょうか。
英語の単語をたくさん知っていて、自由に話すことができることでしょうか。
ネイティブスピーカーのアメリカ人と対等に会話ができることでしょうか。
英語の勉強法を考える時に、英語力を高めることが大切だと言われます。
ただ、具体的な勉強法があるわけではありません。

英語を自分の言葉として使いこなすことを英語力が高いと表現されていると思います。
つまり、英語の勉強法の問題ではなく、あなたの英語に対する考え方なのです。
一生懸命英語を勉強していても、英語が上達しないと感じている人は少なくありません。
中学校から数えると10年くらい英語の勉強をしているのです。
これは英語の勉強法をどう考えるかによります。

つまり、英語を話せるようになることが英語力を持っていると同じことだと考えるのであれば、学校の英語の勉強法は英語力を高めるためのものではありませんから、学校の勉強の延長線上では英語力は身につかないと言うことです。
それでは、具体的な英語力を付けるためにはどうすればいいのでしょうか。
人に自分は英語力がありますと自信を持って言えるためには何が不足しているのでしょうか。

英会話をするために語彙力が豊富である必要はありません。
大学で演説をするならば、専門用語をたくさん知っておかなければなりません。
つまり、ケースバイケースで求められる英語のレベルが異なっているのです。
自分はどこにいるのかを考えてみましょう。
そうすれば、どのような英語をマスターすればいいのかわかってきます。
英語勉強の情報
英語の勉強法についての情報はインターネット上にたくさんあります。
それらを見ていると、簡単に英語が話せるようになるテクニックが存在しているような気になります。
しかし、本当にそのような勉強法があるのでしょうか。
英語の勉強をしたことがない人はいないでしょうが、学校の英語は何の役にも立っていないと考えている人がほとんどです。

日本人は英語に対するコンプレックスを持っています。
英語を何年も学んでいるのに、英会話がまったくできないからです。
英語の勉強は難しいのでしょうか。
英語は苦しまなければ身につかないものでしょうか。
考え方を変えましょう。

英語は相手との意志が通じればいいのです。
英語の勉強法の情報を調べてみましょう。
英語が楽しくなれば、自然と身に付いていきます。
そのためには楽しくなるような勉強法を見つけることが大切ですね。
注意しなければならないのは、誰でもが楽しくなる勉強法があるわけではありません。
つまり、他の人とは関係なく、自分が楽しめる勉強法を選ぶべきなのです。
高い教材が必要なわけではありません。

もちろん、教材にはそれなりのメリットがあるでしょう。
あなたが求めている英語がどのようなものなのかを明確にしてください。
例えば、英語の映画を字幕なしで見られるようになりたいとか、近所のアメリカ人と英語で話せるようになりたいと言った具体的な目標を立てましょう。
英語勉強のための勉強法では意味がありません。
楽しみながら英語を身に付けてください。
| 1 | 2 | 3 | 次ページ >>