英語マスター 勉強法

日本語教育能力検定試験合格パック2019

日本語教育能力検定試験合格パック2019
<定価>
税込139,800円(税別129,444円)
※下記の通り購入時期に応じて割引率が変動します

<購入時期ごとの早割価格>
2018/10/29〜2018/11/29【10%OFF】
→税込125,820円(税別116,500円)

2018/11/30〜2019/1/24【7%OFF】
→税込130,014円(税別120,383円)

2019/ 1/25〜2019/3/28【3%OFF】
→税込135,606円(税別125,561円)

※2019/3/29〜2019/4/30は定価での販売となります。
日本語教育能力検定試験合格パック2019
英語のリスニング
英語の勉強法で一番わかりにくいのはリスニングでしょう。
最近の英語のテストにはリスニングが出てくるようになりましたが、どのような勉強法をすればいいのでしょうか。

これまで日本人は書くこと、読むことに主眼を置いた英語勉強法を習ってきました。
英語が話せるようになりたいと思っていても、ほとんど話すことはできなかったのです。
独学や英会話教室に通って、英語を話せるようになる人も少なくありません。
それでは現代の学校で習うリスニングの勉強法はどうすればいいのでしょうか。
きちんと発音をして、しっかり聞き取ることに一生懸命になりすぎるために、リスニングを敬遠してしまっていると言われています。
リスニングに対する考え方を変える必要があります。
英語はコミュニケーションの道具ですから、話したり聞いたりすることが目的ではありません。

コミュニケーションが取れればそれで目的は達せられるのです。
極端なことを言えば、文法など知らなくても、身振り手振りと単語だけでコミュニケーションは可能です。
真剣に取り組むのではなく、適当にリスニングをすることが結果的に効率的な勉強法になると考えている人もいます。
これは、重要なことです。
すべての単語を聞き取るのではなく、ポイントだけを聞いておけば、大体の意味がわかるのです。

日本人の場合は、聞いた言葉を頭の中で文章にしています。
そこで文法的に合っていないと意味がわからないと判断してしまうのです。
これからは重要な単語だけを聞く習慣をつけましょう。
英語勉強と初心者
初心者は英語の勉強法がわからないでしょう。
英語の勉強と言っても中学校などで習ったことは大人になって役に立つわけではありません。
ただ、大多数の人が英語を話せなくても、生活に支障はありません。
したがって、英語の勉強法が必要になるのは、英語を話したいと言う気持ちが高まっているからなのです。

もちろん、仕事でどうしても英語を学ばなければならない状況が発生するかもしれません。
日本人は学校で英語を学んでいますが、アメリカでは子どもさえ話す言葉がわからないとよく言われます。
それは正しいのですが、日本の英語教育が間違っているからと決めつけることはできません。
勉強の目的が違っているからです。

初心者だと自覚している人は、学校の英語の成績が悪かったのでしょう。
心機一転でこれから英語を学ぶ姿勢が大切です。
学校で学んだことをきれいさっぱり忘れることですね。
英会話では文法よりも、その場面での言葉を大切にします。
コミュニケーションの手段として言葉があるのですから、文法の試験をしているわけではありません。

そこのハードルが日本人には高く感じられるのです。
初心者の方が英語の上達は早いのではないかと思います。
変な知識を持っていないため、理解が早くなるのです。
インターネットを使えば、気軽に英語のリスニングができる時代です。
英語を3か月でマスターすることも、嘘の話ではありません。
初心者だからと言って、英語を恐れる必要はありません。
積極的に話すことができれば、簡単に身につきます。
英語参考書
英語を勉強している学生はいくつかの参考書を購入しているでしょう。
学校で指定されたものや、友達が使っていてよさそうだと思ったものを購入します。
英語の勉強法は人によってかなり違います。
どれがいいと言うわけではありません。
自分の生活スタイルに合わせた勉強法がいいと思います。
さて、英語の参考書はどうでしょうか。
インターネットにはランキングなどが掲載されていますが、自分で確認することが大切です。

英語と一口に言っても、幅はかなり広くなります。
代表的なものとして英単語の暗記、英文法、リスニングなどがあります。
おススメの参考書はアクティブ英単語でしょうか。
これは英単語を覚えるための参考書です。
最近はiPhoneなどを活用して単語を覚えている学生も少なくないでしょう。
ただ、紙の本には脳を活性化するための仕組みがあると言われています。
指でページをめくることで英単語が記憶に刻まれていくのです。
これらは受験のための英語勉強法です。
これで日常会話ができるようになるわけではありません。

日本の英語教育を批判する人たちも少なくありませんが、受験のためにはどうしても必要な勉強法なのです。
英単語を覚える時に自分で単語帳を作成したことがある人は少なくないでしょう。
書いて、目で見て、声に出して単語を覚えていくのです。
記憶の仕方は人によって異なります。
参考書も自分に合ったものを見つけましょう。
おススメと言われている参考書を実際に手に取ってみることが大切です。
英語勉強の道具
英語勉強法は人それぞれでしょうが、道具を使った勉強法について紹介しましょう。
道具を使った方がいいと思う人が使えばいいでしょう。
必ずしも、それが英語勉強の効率化につながるわけではありません。
最近の道具として電子辞書やiPodが注目されています。
iPhoneの普及によって、その適用範囲は広がる傾向にあります。
iPodを使用することのメリットは、いつでもどこでも英語を聞ける環境を持つことです。
もちろん、iPodである必要はありません。
音楽を聴くことができるプレーヤーならすべて同じことが言えます。

最近の携帯音楽機器は性能がよくなりました。
液晶画面で単語などを表示することも可能です。
すでにそれらの機器に対応した英語教材ソフトも多数販売されています。
発音を聞くだけではなく、自分で発声してそれを録音することも可能です。
手本との違いを聞き比べることで、さらに英語力が上達するのです。
単語を調べる時に必要なのは英和辞典です。
10年前までならば、英語の辞書、古典の辞書、漢字辞典など重い書物を学校に持っていかなければなりませんでした。

しかし、現代ではすべて一つの電子辞書に収まっています。
軽くなったことで、いつも持っていることが苦になりません。
わからないことがあったら、その場ですぐに調べることができます。
英単語をすべて覚えることは難しいですが、調べることによって記憶を呼び覚ますことが可能となります。
何度も調べることで覚えることはよくあることなのです。
英語の発音と勉強
英語を話せるようになりたいと思っても、英語の勉強法がわからないと感じる人は少なくありません。
英語の発音に悩む人も多いでしょう。
特に英会話をしようとすると、どうしても正しい発音と言う概念に捕らわれてしまって、口から言葉が出てこないのです。
英語の勉強法の中で発音を学習することは大切です。
最近はインターネットを使ったオンライン学習が注目されています。
正しい発音を身に付けるためには、たくさんの英語を聞くことから始めなければなりません。

そこで、オンラインでネイティブスピーカーの言葉を聞くのです。
マンツーマンで指導を受けることもできます。
実はカタカナ英語でも相手に通じるケースが少なくありません。
そのフレーズを覚えておけばいいのです。
英語の発音と日本語の発音は全く異なっていますから、外来語がアメリカ人に通じないことは往々にしてあることです。
英会話を上達させるためには勉強法よりも場数を踏むことです。
ダメ元でいいですから、自分から積極的に話すことでしょう。

英語の勉強法としてたくさんの教材が販売されています。
どれを選べばいいのかわからないでしょう。
迷う必要はありません。
自分にとって適切だと思う教材を選んでください。
それを地道に続けていきましょう。
それと並行してネイティブスピーカーの話を聞く機会を増やすのです。
直接、英会話をする機会がなければ、いったん覚えた英語も忘れてしまいます。
英語を話さなければならない状況になれば、自然と言葉が出てくるはずです。
高校英語の勉強法
高校生のための英語勉強法とは、学校での成績を上げて受験に成功するための勉強法です。
したがって、英語が話せるようになるわけではありません。
その是非とは関係なく、英語の勉強法を考えてみましょう。
受験のための英語ですから、目的がはっきりしています。

まずは、教科書やテキストをしっかり活用することです。
英単語、文法、構文等覚えなければならないことはたくさんあります。
辞書を引いて調べる習慣も付けなければなりません。
覚えている単語の数が増えることによって、勉強はどんどんはかどります。
調べる時間が少なくなるからです。
ただ、その域になるまではじっと我慢しなければなりません。

また、学年別の教科書の活用の仕方ですが、闇雲にするのではなく自分がどの当たりまで理解しているかを判断することが大切です。
あなたがすでに3年生であっても、1年からの教科書をもう一度見直してみましょう。
知らない単語がないか、意味を十分わかっているかを確認するのです。
自分のレベルに合わせて、教科書を開くようにしましょう。
単語はひたすら覚えることが大切です。
繰り返すことで人は覚えていきます。

もちろん、たくさんの単語がありますから、覚えながら忘れていくことになります。
効果的な勉強法としては時間を制限して覚えることが大切です。
漫然と覚えるのではなく、例えば、10分で10個の単語を覚える努力をするのです。
その努力が脳の働きを高めてくれます。
教科書を見ながらでも、寝転がっても構いません。
効率的な英語勉強
忙しいビジネスマンには効率的な英語勉強法が必要です。
英語で話せるようになりたいと思っている人は少なくありませんが、なかなか英語を話せるようになりません。
それは勉強法が間違っているからです。
効率的な勉強法を使って短期間で英語を習得しましょう。

英語ができない理由は何でしょうか。
英語の勉強法と言えば、単語を暗記すること、英文法を覚えること、毎日のリスニングを欠かさないことなどをイメージすることでしょう。
しかし、このような勉強法では、5年以上かかってしまうはずです。
したがって、英語の勉強法を根本から変えることが必要になるのです。
効率的に英語を勉強すれば、たった3か月で英語が話せるようになります。
ここで、英語が話せると言うことの意味を考えましょう。

英語を話す時に必要な単語の数はどれくらいでしょうか。
語彙力が不足していても、それを別の方法で補うことができれば、単語を覚える必要はありません。
英会話と学校で習う英語とは別物であると言うことを理解しましょう。
学校で英語を学んでも、話すことができるわけではないと言うことは誰でもが思っているはずです。

それは勉強の目的が違っているからです。
英語を話すための勉強とは学校の勉強ではないのです。
単語や文法が正しくなくても、英語を話すことはできます。
アメリカの子どもが話している英語は語彙力も少ないですが、ちゃんと意思の疎通ができているのです。
英会話ではコミュニケーションを前面に出せばいいのです。
toeicの勉強法
toeicは世界共通の採点法を取り入れた英語の試験です。
toeicでどれだけの点数を取ったかで、英語力がどの程度かを判断することができます。
toeicでは文章力よりも会話力に重点が置かれています。
つまり、英語圏でどの程度会話をすることができるかの目安とするのです。
英語を使用して仕事をする場合には、その採用試験などでtoeicの点数が重要な意味を持ちます。

toeicの試験は年齢に関係なく受験することができます。
そして、実力に応じた点数で評価されるのです。
英語の世界で働きたいと考えるならば、toeicの点数を上げておくことが大切です。
そのためにtoeicに適した勉強法が考え出されています。
もちろん、これは経験に基づいた勉強法ですから、toeicと英語会話の是非を考えているわけではありません。
しかし、試験があると言うことは、それに対する傾向と対策が勉強法となることは必然的なことなのです。

英語が得意な人はtoeicでいい点数が取れるかと言うと、必ずしもそうではありません。
toeicの特徴を知っている人がいい点数を取ることになります。
ただし、低いレベルから始めている人は、効果的な勉強をすることによって、ある程度までのランクには到達するでしょう。
しかし、上位の点数レベルになってくると、簡単にそれ以上の点数を取ることは難しくなります。

何度トライしても、ある点数で頭打ちになってしまう人も少なくありません。
toeicの試験は990点満点です。
世の中には英語が得意な人がいます。
満点を取った実績を持っている人もいるのです。
ワンミニッツイングリッシュ

ワンミニッツイングリッシュ


すべての会話を1分以内(30~40秒前後)で構成!
なので、空いた時間で学習することが可能です!
1分以内の会話を、繰り返し何度も復習してください。
長い会話ではなく、1分以内の会話を繰り返し聞くことで、頭の中にも残りやすくなる!

特徴1:1分聞くだけ!好きな時に学習!
特徴2:「コンピュータープログラム」を、まるごと持ち運べる全く新しい英会話教材。
特徴3:イラスト付きで、楽しく覚えられる!
特徴4:スロークリアーモード搭載!
特徴5:「1.5倍速モード」で、学習スピード加速!
特徴6:20歳のバイリンガル女性が作成した「本当に日常で使われている」英会話集!
特徴7:累計100万部突破!年間ベストセラー1位!のベストセラー作家が徹底監修。

ワンミニッツイングリッシュは、無料版、オンライン版、CD版があります。


中学生の英語
中学生の英語勉強法の話です。
アメリカ人は誰でも英語が話せるのに、日本人はほとんど英語が話せません。
それでも中学校では英語を毎日習っているのです。
どこが違うのでしょうか。

それは毎日英語を使っているかどうかです。
したがって、中学生の英語の勉強法はまず、毎日やるところから始めなければなりません。
英語を毎日使っていれば、英語をしゃべることができるようになるのです。
ただし、中学生の英語の勉強法は、学校での成績を上げることにほかなりません。
つまり、英語がしゃべれるようになるわけではないのです。
学年に応じて勉強法を変えることも大切です。

1年生のうちは、英語の語彙力がありませんから、単語を覚えることから始めなければなりません。
単語を毎日書いて読むのです。
反復することだけが上達の道です。
英語に限ったことではありませんが、1年生のうちに勉強する習慣をつけておかないと、2,3年生になって勉強しようと言う気持ちになりません。
受験の時期になっても集中することができないのです。
高校受験が人生の方向を決める試験であると言う認識を持っている中学生はほとんどいません。
そのため、学校の先生や親が周りでやかましく言ってしまうのです。

勉強法をどのようにしたとしても、自分から進んでやらないならば、身につくものではありません。
特に英語は日常生活で使用しない分だけ、勉強でカバーしなければならないのです。
あなたが中学生なら、その意味を十分理解してください。