物忘れを克服する方法について

記憶術

誰にでも、つい物忘れをしてしまうケースはよくあります。
特に、加齢にともない物忘れがひどくなります。

あまりに頻繁に物忘れをすると、
仕事や日常生活に支障をきすので、対策が必要です。

物忘れ克服法の基本は、記憶の反復です。

人間の脳は時間が経過すると忘れるようになっていますので、
その場で強く頭に刻み込んだつもりでも、
時間が経過するとあっさり忘れてしまいます。

それを防ぐためには、適度な間隔で反復することが必要です。

記憶は大体1時間経過すると半分を忘れてしまうといわれています。

そのため、1時間ごとに思い返すようにすることがポイントです。

それから記憶の方法は、単に言葉で刻み込むのではなく、
イメージを伴った形で頭に刻み込むと忘れにくくなります。

たとえば、傘を持っていく場合には、
雨が降り出して傘をさして歩く姿をイメージしながら
覚えることでより忘れにくくなります。

このような克服法を日常生活の中で実践することで
物忘れを防ぐことができるようになります。

イメージを刻み込む記憶法の基本は、
このレポートで押さえることができます。


川村明宏のジニアス記憶術

人は忘れることでストレスを溜めないようにできていますが、
忘れてはいけないことを記憶しておくために、
このレポートを役立ててください。

Similar Posts:

記憶術

コメントは受け付けていません。