自分を表現する

理想的な自分

謙虚が美徳と考えられているのか、
予想以上に褒められたり、認めたりすると、

人は、「いやあ、そんなことはないですよ。」とか

「私なんて全然まだまだですよ。」とか

きっとあなたも一度は無意識にそういう言葉を発してしまったことが、
ありませんか?

あなたが初心者で、今の仕事がまだ雑務ばかりだとしても、
誰よりもクリエイティブに、その仕事をこなしていけるのか?

大きな責任のある仕事をしている人も、
これまでの多くの下積みのなかで、
小さな小さな仕事のひとつひとつを、
大切にしてきたからこそ、今の自分を表現できるようになったのです。

そう考えていけば、思いきりムダと思えるような仕事も、
頼まれごとも、できるような気がしませんか?

大事なことは、考えかたひとつで変わることだと思います。

この無料レポートのように。

Similar Posts:

関連記事
  • 理想的な本当の自分

    あなたは自分の本当の姿を知ってしますか?何かに向かって、必死に頑張っている自分。一つのプロジェクトに、集中して奮闘している自分。心から好きな趣味に、没頭している ...

    2010/12/06

    理想的な自分