いいDVD教材

Pocket

いい英語教材のポイントは、ビデオDVDと英語の音楽CDとカードリーダーがセットになっているものです。
子供にとってテキストよりも、視覚的に入るDVD、聴覚から入るCDは最も有効な英語教材となるからです。
一般的な子供向けの英語教材ではこれらがセットです。
<いいDVD教材を見極めるポイント>。
単語と文がバランスよく使われているもの。
日本語と英語が混在していないもの。
DVD1巻が30分以上あるもの。
子供が楽しんで見られるもの。
DVDに英単語ばかりでてきて、ただそれを日本語で解説するお姉さんが発音するだけのDVDはだめです。
子供が学ぶ英語は、単語ではなく英語を文で聴いて、五感を養うために必要です。
1つのストーリーに、英語と日本語を話しているものもダメです。
子供が混在して覚えてしまいます。
英語と日本語、それぞれ切り替えがきちんとできていなければいけません。
英語の発音は、「リズミカル」であることがポイントです。
ストーリー性がなく、お姉さんが英語を話すだけとか、単語の練習をさせるようなものはだめです。
子供は1回見たら飽きてしまうと思います。
楽しいと、何回も見たいと子供が思うDVDがいいのです。
何度も見て、聴いて、そして自然に子供の体に英語が浸透していくことになるのです。
こういった点に注意をして、子供の英語教材を見ていくと失敗しないと思います。
決して、付属のおもちゃ、ぬいぐるみ、アニメを子供が気にいったからというような理由では選ばないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。