フォニックス

Pocket

英語教材を選ぶとき、重要なポイントとなるのは「フォニックス」です。
子供の英語教材について調べて行くと、あちこちで目にするようになります。
子供と親の両者にとっていい英語教材選びのポイント、それはこの「フォニックス」を取り入れていることです。
教材を選ぶとき、必ず有無をチェックするようにしてください。
この「フォニックス」というのは、「つづり」と「発音」を規則的に体系化し学んでいくことです。
子供英語では、音と文字を一緒にしていきます。
一般的に日本では、アルファベットを「A(エー)、B(ビー)、C(シー)」と発音します。
これをフォニックスにすると「a(アー)、b(ブ)、c(ク)」という具合になります。
一文字で発音できたら次は二文字、その次は三文字と増やして読む練習をしていきます。
こうしてフォニックスの読み方、規則性を知ることで、初めて見た英語でも発音できるようになり、スペルもわかるようになっていきます。
英語の発音も良くなり、読めることでうれしくて、子供は英語が楽しいと思えるようになります。
アメリカでは初等教育においてフォニックスに重点をおき英語を学んでいきます。
英語の基礎を学ぶために幼稚園児でも学んでいるそうです。
日本では「読み」より「書くこと」に重きをおいて教育されているため取り入れられていません。
ネイティブなフォニックスの発音を知ためには、DVD教材が役に立ちます。
子供の英語教材を選ぶときにはこのフォニックスが取り入れられたDVD教材の入っているものを選ぶことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。