子どもの性格に合わせた勉強法(1)

Pocket

小学生の子どもには、さまざまな性格の子がいます。
そのため、子どもに英語を習わせようと思っても、その子の性格に合った勉強法や教材を選ばないと、あまり効果がなかったり、ストレスになったりして続かないでしょう。
それでは、子どもさんの性格に合わせた小学生英語の勉強法を紹介します。
まずは、場所が変わっても初めて会った人とでも、いつも通り過ごすことができる子どもさんについてです。
日本人が英語を身につけるのに一番大切なことは、度胸を据えて間違いを気にしないことでしょう。
そのようなことができる子は、ネイティブの先生が教えてくれる英語スクールがおすすめです。
度胸という才能をもっている子どもなのだから、それを活かして、どんどん外国人の先生と接して話していけば、英語を吸収していくことができるでしょう。
逆に、人見知りの性格で、初めての環境や初めての人に慣れるのに時間がかかる子どもについてです。
そのような子は、まずは、自宅でできる英語教材で学習させると良いでしょう。
日本人と話すのも苦手な子が、知らない子や外国人の先生のいる環境に急に入れられたら、その場所にいることが怖くて苦痛になり、英語も嫌いになってしまう恐れがあります。
そのため、安心できる家族のいる自宅で、英語に親しんで慣らしてあげることが大事です。
このような子に合った教材が見つかれば、集中して取り組むことができ、英語にも興味をもって身についていくと思います。

コメントは受け付けていません。