小学生に英語は必要か?

Pocket

まだ小さい小学生の子どもに、英語の学習が必要なのか?と思う方も多くいるかもしれません。
しかし、この時代、グローバル化が進み、ますます社会では英語を使う機会が多くなっています。
また実際に、小学校でも5、6年生では英語が必修化していますし、文部科学省では、英語教育を小学3年生から始めるという方針も固まっています。
日本語に関して言えば、世界で日本語を話しているのは、1億3000万人の日本人だけです。
ところが、世界で英語を話している人たちは54か国21億人もいるのです。
つまり、英語を話すことができるようになれば、世界で21億人の人たちとコミュニケーションをとることができるということです。
また、英語を学ぶうちに、その国の生活や文化にも興味がわくようになり、広い視野をもって世界に目が向くようになるでしょう。
小学生の子どもに英語を学ばせたいと思ったら、英会話教室などに通わせることを考える親御さんも多いと思いますが、最近では、自宅にいながら、子どもに英語を学習させることができる優れた教材も増えています。
自宅で勉強できるのなら、教室へ通わせる移動時間も無駄になりませんし、英会話教室に比べてレッスン費用が安く済むことがほとんどです。
ただ、自宅でできる英語教材といっても、さまざまな種類のものがあり、その数も大変多いので、子どもさんが興味をもって続けられるような、子どもさんに本当に合った英語教材を選びたいものです。

コメントは受け付けていません。