用意するもの

Pocket

レッスンを受けるときには、Skypeが必要となります。
DMM英会話だけではなく、オンライン英会話を利用する場合には必要となります。
先の述べたように、SkypeはDMM英会話のサイトから無料でパソコンなどへインストールできます。
スマートフォン用などにモバイル用のSkypeアプリもあります。
Skypeをセットして、初めてレッスンするときには、最初に講師側からユーザーの追加申請が届くため承認しておいてください。
レッスンの際、講師とパソコンなどの画面を通して会話することになります。
パソコンにカメラ、マイクが内蔵されていれば、画像も音声も届くのでそれだけで特に用意するものはありません。
しかしマイクが内蔵されていないパソコンの場合には、別途マイクを用意する必要があります。
おすすめは「ヘッドセットマイク」です。
パソコンにイヤホンジャックをさすだけで使えて簡単です。
ヘッドセットならば、両手がふさがることはありませんし、耳で音声を聞きながら口元についているマイクでこちらの音声を拾うことが簡単にできます。
安いものならば500円程度で購入できます。
パソコンにマイクが内蔵されている場合でも、内蔵のものだと音がこもって聞こえにくいことがあるため、ヘッドセットなど単体のマイクを使った方がいいと思います。
自分の顔を講師の画面に映し出したい場合には、Webカメラがあるといいです。
Webカメラは、3,000円から5,000円ほどで購入できます。
音声通話のみで、ビデオ通話にしない場合には不要です。

コメントは受け付けていません。