聞き流す英語勉強法

Pocket

最近、自宅でできる英語勉強法として、テレビのCMなどでよく聞くのが、“聞き流すだけの英語勉強法”です。
実は、この聞き流し系の勉強法、効果が高いのは大人よりも子どもなのです。
日本語と英語は、周波数が全く違う言語です。
そのため、日本語に聞き慣れてしまった大人は、日本語の周波数しか聞き取ることができなくなり、日本語とは違う周波数の言語は聞き取れなくなってしまうのです。
ところが、赤ちゃんは、全ての周波数を聞き取ることができる柔軟な耳を持っているので、苦手な周波数などはなく、脳にも素直にインプットすることができるのです。
英語の音を聞き取れる耳を自然に持つためには、早い時期から英語に触れさせるに越したことはないですが、小学生の子どもさんでも遅くはありません。
英語と日本語の音を聞き分けられるピークは、10歳~11歳頃と言われているので、十分小学生から耳を慣らしても大きな効果はあります。
耳を慣らすのに効果的な自宅用教材は、英語の聞き流し勉強法として作られたCDです。
そのような教材はたくさん発売されているので、その中でおすすめのものを紹介します。
「聞き流すだけで英語が身につく」で特に有名なのが、「スピードラーニング」でしょう。
このスピードラーニングには、小学生から中学生向けの「スピードラーニング・ジュニア」もあります。
大人用の教材よりもゆっくりと聞き取りやすい英語になっていますし、内容も学校生活や子どもが興味を持てるストーリーになっているので、わかりやすく飽きずに楽しく聞くことができます。

コメントは受け付けていません。