英語を学ぶ目的

Pocket

小学生の子どもさんにやらせる自宅用の英語教材を選ぶときに一番大切なことは、「なんのために英語を身につかせたいか」という目標や目的です。
例えば、小学生のうちから英語に触れてほしい、将来仕事などで英語を使えるようになってほしい、お父さんが英語圏へ転勤になったから英語が必要になったなど、家庭の事情で英語を学ばせることを考えている親御さんもいるでしょう。
このように、英語教育に関しては、家庭によって考え方が違うので、それによって英語学習の進め方も違いますし、それに合わせて教材の選び方も変わってきます。
子どもさんが英語に触れてほしい、という考えの親御さんなら、楽しい英語の歌や日常会話が収録されたCDなどの教材を聞かせてあげれば、効率よく英語を耳に慣らすことができるでしょう。
普段の生活の中で、英語が当たり前のように存在していれば、自然とリスニング力が上がり、英語に対する苦手意識もなくなるはずです。
本格的に英語を話せるようにさせたいという家庭は、まず、子どもさんの英語のレベルを把握しないといけません。
言語は、年齢や子どもさんの成長に合わせた段階を踏んでいかないと身につきません。
そのため、英語を聞いたことがない子どもさんに、急に文法の勉強をさせても、まったく頭に入らず身につきません。
このように、自宅用英語教材を選ぶ際は、子どもさんに英語学習をさせる目標や目的と、子どもさんの英語レベルを把握することが大切です。

コメントは受け付けていません。