英語教室と自宅学習

Pocket

自宅でできる英語教材はとても手軽に学習できますが、先生がいるわけではないので、管理してくれるのはお父さんやお母さんだけということになります。
そのため、親御さんが積極的に指導したり時間を決めたりして、子どもに英語学習を習慣化させないと、遊び盛りの小学生の子どもさんでは、続かずに途中でやめてしまう恐れがあります。
英語を身につけるには、どんなに教え方の良い先生が教えてくれたとしても、子どもが毎日英語に触れて、大量の英語の単語や音、リズムを脳の中にインプットさせて、その基礎が整っていないといけません。
英会話教室は、ネイティブの先生と英語で話すことができるというメリットがあり、子どもんも外国人の先生と会話することができれば、それだけ自信が付くと思います。
ただ、教室の場合、週1回1時間だけのレッスンでは、英語が自然と出るくらい話せるようになるには相当時間がかかってしまいます。
また、レッスン時間を増やすことができたとしても、それだけの費用が必要になります。
教材を使った自宅学習の場合、ネイティブの先生はいませんが、CDやDVDなどでネイティブの英語を何度も聞くことができます。
また、安心できる家族がいる自宅で、英語に長時間触れることができるので、小学生の子どもさんにとっても安心につながるでしょう。
そのため、英語の自宅学習は、教室でのレッスンよりも、活用の仕方によっては英語が身につく可能性があるのです。

コメントは受け付けていません。