早食いを防ぐ食事の楽しみ方

秘伝ダイエット

ダイエットで効果が上がらない理由の一つに、「早食い」があります。

太っている人に早食いが多いようですが、いつも食べているペースを落とすことは難しいです。

そのため、早食いを意識するとともに、まずは一口で食べる量を減らしましょう。

一口で食べる量を減らし、噛むことを意識することで、満腹感がでます。

早食いの場合は、満腹感を感じるまで食べ続けると、量が多くなってしまいますが、ゆっくり噛んで食べることで、食べる量が少なくなります。

味わってよく噛むことで、早食いでは気づかなかった、今までと違う美味しさを発見するかもしれません。

そして、もう一つ早食いにならないために、噛みごたえがあるものや大きめに切ったものを食べましょう。

ひとりでご飯を食べている場合、箸をとめてテレビを見て、食べる時間をゆっくりにすることで、早食いを予防できます。

もちろん家族や誰かがいる場合には、たくさん話をして、食べる量を減らしましょう。

気にし過ぎると美味しさも半減し楽しさも感じられなくなるので、いろいろと工夫をこらして、楽しめる食事を心がけてください。

楽しく綺麗になりましょう!
モデル秘伝の誰もが羨む理想のボディを手に入れる方法はこちらから。


大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」

Similar Posts:

特許成分配合カット系ダイエットサプリメント【カロリナ酵素プラス】

コメントは受け付けていません。