翻訳

Pocket

英語で書かれた文学書あるいは専門書などを学校あるいは職場で読む必要が生じることがあるでしょう。
勤務先での英語による会議などでの打ち合わせ記録は、もちろん英語で書くことになりますし、書類などを英語のまま読むことも昨今は増えてきているでしょう。
そこで問われるのが翻訳の能力なのですが、先ずは”慣れる”ことから始めましょう。
先にも述べましたが、先ずは簡単な英文に接することがその力量アップのスタートになるものです。
精読とか濫読とかいう言葉がありますが、英文がもっている趣旨を早く理解する能力が必要ということです。
大好きなラブストーリーに依ることも結構ですし、あなたが外車のカーマニアでしたら「取扱説明書」=マニュアルなどを英文のまま理解できることに”慣れ”るようにしていきましょう。
もちろん高校時代に習得した文法事項を大いに思い起こす必要もあります、その活用によってこそ”翻訳の結晶”が生まれてくるのです。
ここで翻訳といっても、英文から和文または和文から英文へのケースがあり、とりわけ貿易会社あるいは特許事務所などでのニーズは日本における国際的な見地からも今後はさらに増え続けていくでしょう。
いずれにしても、好きで楽しく読むことができる原書に大いに接するクセのようなものを、あなたご自身で会得していってください。
あたな自身の「読破する一冊」をぜひとも持ってみませんか?
”Practice makes Perfect”(習うより慣れろ)という西洋の諺を大いに意識して実行してください。

コメントは受け付けていません。